みち鍼灸治療院 大船駅徒歩3分。うつ・痛みは当院へ

お灸治療について

お灸は3千年以上の長い歴史があります。浮世絵や、古典文学にもお灸に関する記述があり、江戸時代には「旅の際に持参すべきものの一つ」とされました。

免疫機能を上げる作用は世界でも注目されているお灸は、世界でも感染症の予防や健康増進など成果を挙げています。

「火傷になる」というイメージから、一時期廃れていたお灸ですが、様々な不調への改善効果により再び注目されています。

近年ではご自分で手軽にセルフケアとして行う「せんねん灸」などの台座灸(だいざきゅう)が主流であり、お灸の治療に使っている鍼灸院も多いようです。

当治療院では、せんねん灸以外にも特製の軟膏の上にもぐさを小さくひねって皮膚に置き、線香で火をつけて燃やすという知熱灸(ちねつきゅう)での施術も行っております。

ツボに熱を加える加減を調整し、熱を感じた程度で燃えているのを止めるのなど専門の技術が必要ですが、患者さまの状態にあわせて刺激量やツボを調整致します。

もともと人間の身体には、自分の力で元気になろうとする“自然治癒力”が備わっており、お灸の最大のメリットは、身体に無理な負担をかけずに自然治癒力が高まるところです。

お灸をすえるということは、心身のバランスを整えるということなのです。

お試しになりたい方は、お気軽にお申し付けください。

Prev:指の眼について
医神探究① アスクレビオス :Next